Doorkeeper

e-ZUKA Tech Night vol.43 -enPiT CloudQ9最終成果発表会-

2018-01-11(木)19:00 - 22:00

Rudies Cafe

福岡県飯塚市吉原町7-5 1F

Aki(Freddi) Mayu 湯舟 武龍 Teruaki Murakami Shigeyuki Azuchi Kenji Nakasima Go Takahashi Hiroshi Koide 森 啓輔 くはら くろむ + 10人の参加者
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

社会人
2,000円 会場払い
学生(学生証を提示ください)
無料
食事、ドリンク付きです。チケットの持参は不要です。※第二部よりアルコールのご提供をいたしますことをあらかじめご了承ください。

クラウドなんてあたりまえ.アプリケーションを楽しく作ろう!〜 Fun Making Applications ! Cloud computing has been common. 〜

第一部は九州工業大学大学院情報工学研究院enPiTクラウドコースの学生による最終成果発表会”e-ZUKA Tech Evening”を今年も引き続き開催することとなりました。スペシャルゲストにクックパッド笹田耕一氏とGMOペパボ近藤宇智朗氏をお迎えし総評をいただくほか、第二部”e-ZUKA Tech Night” では講演もしていただきます。皆様ふるってご参加ください!
今回もLT枠をご用意しておりますので、自己紹介でも現在興味のあるものでも会社PRでもみんなに聞いてもらいたいあれこれをご準備のうえ、ぜひお越しくださいませ。

主催:e-ZUKA Tech Night 事務局 (株式会社ハウインターナショナル)、九州工業大学

プログラム

18:30 開場

19:00-20:00 成果発表

第一部 "e-ZUKA Tech Evening" enPiT Cloud Q9最終成果発表会

19:00-19:15 『釈迦AI』
法友会:井福政文、十川雄司、田中大志郎、村上響一、KIM JAEYUN

人は己の行動の評価を、客観的に行うことができない。我々は、ユーザーが普段の言動を振り返る機会を得るため、言動の善悪を客観的に判断する「釈迦AI」を作成した。「釈迦AI」は、自然言語として入力されたユーザーの言動の評価を、「徳ポイント」としてユーザーに知らせる。さらに、ユーザーは「徳ポイント」を蓄積していくことで様々に分岐する自分の来世を確認することができ、ユーザー自身楽しみながら自分の言動の反省を行うことができる。

19:15-19:30 『Madaaru?』
マダール・モナーイ・アリソー:佐藤寛文、中島健児、尾崎雄一、森川智紀

Madaaruを活用することでもう買い忘れることなどない!消耗品の管理は全ておまかせ!

19:30-19:45 総評

笹田 耕一 さん
クックパッド株式会社 フルタイムRubyコミッター
近藤 宇智朗 さん
GMOペパボ株式会社 技術基盤チーム シニア・プリンシパル

19:45-19:50 休憩

19:50-20:40 講演

第二部 "e-ZUKA Tech Night"

Full Stack Engineers & Ruby

笹田 耕一 (ささだ こういち)さん
クックパッド株式会社 フルタイムRubyコミッター

大学在学時からRuby向け仮想マシンYARVを開発し、2007年に「Ruby 1.9」に採用される。以降、Rubyコミッターとして、言語処理系の高速化に従事し、仮想マシンやガーベージコレクションの性能改善などを行なう。東京大学大学院情報理工学系研究科助手、助教、講師(2006~2012)。株式会社セールスフォース・ドットコム、Heroku, Inc.(2012~2017)。Rubyアソシエーション理事 (2012〜現任)。博士(情報理工学)。 @_ko1
サービスを作る

近藤 宇智朗 (こんどう うちお)さん
GMOペパボ株式会社 技術基盤チーム シニア・プリンシパル

ECサイト、オンライン ゲーム開発などを経て、2013年よりGMOペパボ技術基盤チーム。同年より福岡市内に移住。共著に『パーフェクトRuby』『パーフェクトRails』などがある。mrubyを組み込んだLinuxコンテナランタイム「[Haconiwa](https://github.com/haconiwa/haconiwa)」の作者で、Haconiwa関連の活動としてRubyKaigi 2016でのトークが採択され、また第9回福岡Ruby大賞を受賞。 現在は、Haconiwaをベースとしたクラウドサービスである「[ロリポップ!マネージドクラウド](https://mc.lolipop.jp/)」にアーキテクトとして参加している。@udzura

20:40-21:10 LT[Lightning Talk](5分×4名程度)

LTタイトル 発表者
タイトル未定 くろむさん
タイトル未定 くはらさん
Z80遊び 小出洋さん
タイトル未定 Go Takahashiさん
飯塚でイベントやります 湯舟 武龍さん

LTは制限時間5分(厳守!)で、テーマ縛りなし!

21:10-21:55 交流会

22:00 終了

今回の開催に限り、アルコールのご提供は、19時45分からとさせていただきます。
また、内容は変更になる可能性もありますことを、ご了承下さい。

アクセス

会場には駐車場はありません。お車で来られる方は、会場周辺の有料駐車場をご利用下さい。また、アルコールを飲まれる方の車でのご来場はご遠慮ください。

市外からお越しの方へ

電車:福北ゆたか線の快速もしくは普通電車に乗車し、「新飯塚駅」で下車。会場までは徒歩10分程度です。所要時間は、博多から45分前後、折尾から40分前後です(いずれも快速利用の場合)。
高速バス:天神バスターミナルの1番のりばから田川後藤寺方面行に乗車し、「飯塚バスターミナル」で下車。会場までは徒歩1分程度です。所要時間は60分程度で、10〜20分間隔で運行しています。戻りの最終は22:57です。

本日e-ZUKA Tech Night Vol.43へ参加予定の皆さまへ。

ニュース等でもご承知の通り、本日1/11から明日1/12にかけて、 全国的に今年最大の寒波に見舞われる見込みです(以下のリンク参照)。

http://www.tenki.jp/forecaster/diary/m_hiraide/2018/01/11/91061.html

e-ZUKA Tech Night は夜間に開催するイベントですので、路面凍結等に見舞われる危険性が高まるため、出来る限り公共交通機関(鉄道など)をご利用頂くようお願いします。また、バス等の公共交通機関も積雪等による大幅な遅れや運休の可能性もありますので、無理のないように各自参加・不参加のご判断を頂くようお願いします。

万一、積雪等による事故や公共交通機関のストップなどによる損害が発生しましても、運営側では責任を負いかねますので予めご了承下さい。

更新履歴

12/12 公開

コミュニティについて
e-ZUKA Tech Night

e-ZUKA Tech Night

飯塚から世界へ!をキーワードにソフトウェア技術者たちが集結し、テクノロジーについてディープに語り合う場、それが、e-ZUKA Tech Night です。 最近は3ヶ月に1回くらいのゆるーいペースで、九州工業大学や近畿大学の学生・教員を初め、地元IT企業のエンジニアなどが主なメンバーです。 どうぞふらりと、e-ZUKA Tech Nightにお越しください。 http://ezukat...

メンバーになる